スマホの能力と限界について

スマートフォンはもはや世間一般的になって数年が経ちます。

その機能を充分に使いこなしている人は、全体の何パーセントくらいいるのでしょうか?

かくいう私も、使いこなす、というレベルにはほど遠いのですが・・・、ただなんとなく使っていて手放せないことだけは実感しています。

料金的な関係からか、WEB関連はスマホでおこない、電話機能はこれまでのガラケーを使っている人も見かけます。

いわゆる2台持ちですよね。

仕事ができるビジネスマン風で、見た目は格好がいいのだが、はたして本当に料金が安いのかは疑問に思っています。

スマホが普及して便利になったものは、外でPCとほぼ同等の機能が使えるようになったことですし、メールや電話はこれまでも使っていたびですが、外出先でも地図アプリなどは便利で、非常に重宝して使っています。

現在地と目的地から、道順も丁寧に指導してくれるし、何より初めての場所でも迷うことがなくなったのが、その証です。

紙の地図がそのうちなくなっていくのではないかしら。

現状の問題点といえば、やはり通信機器なので電波のないところでは全く役に立たないこと、これを見逃している人もいるのではないでしょうか?

電波がないとただの機械の塊と化してしまう・・・このあたりが改善されれば、文句なしなのですが、いつの時代になることやら。